審美治療|福岡市東区で歯科をお探しの方はこがデンタルクリニックまで

時間
9:30~13:00
14:00~19:00
★土日は午後17:00までの診療です。
休診日:木曜・祝日

〒812-0061 福岡県福岡市東区筥松3丁目4-6 

  • 電話
  • メニュー

「美しさ」と「機能性」を兼ね備えた“審美治療”

保険診療である銀歯は、「噛める状態に戻す」という歯の最低限の機能を回復することを目的としています。一方、自由診療であるセラミック治療は、美しさと機能性の両方を得ることができます。
セラミックの治療費は銀歯と比べてかかりますが、天然歯に近くて見た目がよいことはもちろん、しっかり噛むことができ、傷や汚れがつきにくく耐久性にも優れた素材です。
当院では患者さまのご要望を丁寧にうかがい、美しさと快適さを兼ね備えたセラミック治療をご提供いたしますので、銀歯の交換などをご希望の方もお気軽にご相談ください。

こんなお悩み解決します

  • 銀歯が目立つのがいや…

    銀色の詰め物・被せ物の場合、治療した歯の箇所によっては、会話の最中や笑った時に目立ってしまうことがあります。
    セラミック素材やジルコニア素材の詰め物・被せ物は、白くて透明感があり、天然歯と比べても自然で目立つことがありません。そのため、治療跡がわからないのはもちろん、美しい歯に仕上げることができるため、見た目にこだわりたい方からも人気があります。

  • 劣化や破折が心配…

    詰め物・被せ物の寿命は、使用する素材によって異なります。
    銀歯の詰め物・被せ物は、時間が経つにつれて劣化や酸化が起こりやすく、隙間からプラーク(歯垢)が入り込んで、むし歯の再発が多く見られます。
    その点、セラミック素材やジルコニア素材は丈夫で、耐久性の高さが特長です。そのため、銀歯の詰め物・被せ物のように、使い続けるうちに劣化や酸化が起こることがなく、むし歯の再発率も低くなります。

  • アレルギーや身体への影響が気になる…

    銀歯は静電気を起こすのでプラークが付着しやすく、むし歯や歯周病の再発率が高くなっています。
    セラミック素材やジルコニア素材は表面がツルツルしていてプラークが付着しにくいため、むし歯・歯周病予防にもつながります。また、金属を使わずに治療ができるため、金属アレルギーの心配がなく、銀歯のように溶け出した金属イオンで歯ぐきが黒ずむ「ブラックライン」が起きることもありません。

セラミックとは

イメージ画像

陶器と同じ材料としたセラミック素材を使い、被せ物や詰め物といった補綴物(ほてつぶつ)を製作いたします。患者さまの歯の色に合わせて作ることができるので、他人から見ても気づかれないほど、自然な色合いに仕上げることができます。
耐久性も兼ね備えている素材のため寿命が長く、天然歯と同じように長期間お使いいただけます。
また、金属を使用していない「メタルフリー」のため、身体にやさしく、金属アレルギーのお持ちの方にも安心してご使用いただけます。

ジルコニアもおすすめ

イメージ画像

ジルコニアは人工ダイヤモンドと同じ成分で、「白い金属」と呼ばれるほど頑丈な素材です。そのため、セラミックでは難しい強い力のかかる奥歯や、ブリッジにも使用できるほど、耐久性に優れています。また、見た目も天然歯となじみやすく、金属を使用していない「メタルフリー」の素材のため、セラミック同様に身体にやさしく、金属アレルギーのお持ちの方にも安心してご使用いただけます。

保険診療と自由診療

  • 保険診療

    国民健康保険や社会保険などの公的な医療保険制度が適用される診療です。治療費は抑えられますが、基本的な機能回復のみを目的とするため、素材や治療法、治療回数などには制限があります。

  • 自由診療

    治療費が自己負担となるため保険診療より費用がかかりますが、治療方法や素材を選べるため、審美性や耐久性、快適性にこだわった、満足度の高い治療を受けることができます。

つまり・・・
自由診療であれば、見た目の良さだけでなく、
長期的なお口の機能・健康の維持につなげることができます!

ページトップへ